the way i was

f0053449_00482255.jpg
例の穴窯。
階段状のところに焼くモノをならべて、
手前のスペースで薪を焚いて、丸二日ほど焼く。
シンプルゆえに奥深そうな世界。

東京は急に秋が来たような、涼しさ。
今日は天気も良く湿度も低かったので、
薄手の掛布団を圧縮袋から出して干した。
あとは白いスニーカーを洗ったり、
こないだのゲリラ豪雨で濡れて変色してしまった障子を張り替えたり。

晩飯の買い出しに、ふと思いついて、
前に住んでたアパートの時によく行ってたサミットへ散歩がてら。
これで見納めになるかも、とついでに前の前に住んでたアパートも見学し、
娘と保育園時代によく歩いた遊歩道を経由し、約一時間半の旅。
う~ん、センチメンタル。
カメラ持ってけばよかった、、、もう一回行こうかな。

もうすぐ移動だ、と思うと、
腰を据えて何かやろう、という気もなかなか起きないが、
ゴタゴタ忙しくなる前に、と最近は夜な夜な食器類の補修作業。
思えばいろんなことやってきたよな、、、
寝しなには走馬燈をグルグル回してます。

一人でやってきて、また一人で去る。
ま、自分らしいといえば自分らしいのかもしれない。


[PR]
by hamaco1968 | 2017-09-04 01:28 | 都市生活


<< what is the rig... a sentimental j... >>